Linea d'otto -Jewelry and silver works-
obi-sakut02-skr-o-02

帯留

古 都
こと
[skr-o-02]

  •   Silver 925
     キュービックジルコニア
  • size 53×23 (mm)

平安神宮の桜といえば、谷崎潤一郎の小説『細雪』の
象徴的な場面で、また川端康成の『古都』でも
幕開けの舞台として登場します。
その中でも川端が谷崎の「まことにここの花を花をおいて
京洛の春を代表するものはないと云っていい」を引用して、
あの繊細な描写を借景するほど。
神苑に咲き誇る八重紅枝垂れ桜は見事な美しさで、
まさに「紅の雲」と思わせます。